何かを犠牲にするのではなく手放す

何かを得ようと思うと何かを犠牲にしなければならない。そう考える人は多く、人には器のようなものがあって、新たなもの、或はより得るためにはそのためのスペースが必要だということらしい。

犠牲というと何か大切なものを失うような気がするが、普通の生活をしている人であればそんな大げさなものではなく「自分にとって」無駄だと感じるものを手放すことから始めればいい。

・誰かのために時間を費やす(手助けをする)
・悪癖だと思われるものを減らす(お酒、たばこをやめる)
などなど

私が去年手放したものは「普通車」「ネット回線」。月あたりの支出が2万5千程度減り、お金を得ることができた。

「何かを手放せば、新しいものを得る空間ができる。」

最近のテーマはこれだ。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ