基礎編

英語の「主語」と「動詞」(be動詞・一般動詞)とは?使い方の違いは?

英語の主語と動詞。英文や英会話では主語と動詞が必要です。
動詞の「be動詞」と「一般動詞」って何?三人称とは?使い方や覚え方などわかりやすく説明しています。

「主語」と「動詞」とは?

英語の英文には(一部の例外をのぞき)「主語」と「動詞」が必要です。

英語の動詞には以下の2種類があります。

be動詞 …「イコール」のつなぎの働きをする動詞
一般動詞 …「動き」を表す動詞
      (speak(話す),run(走る)など)

主語とは
(○○はを表す言葉)
私はあなたは私たちは
be動詞とはamareis
一般動詞とは
(動きを表す言葉)
例→話す食べる走る好む

一般動詞の動詞とは
日本語の語尾をのばしたときに
ウー」になる動きをいいます。
  例:走るゥー
  例:食べるゥー

*be動詞 を使った例文
は 花子です。
amI(主語) am(be動詞) Hanako.
私は       花子
(S)  (V)
あなたは  背が高い。
areYou(主語) are(be動詞) tall.
あなたは     背が高い
(S)   (V)
花子は  背が高い。
is Hanako(主語) is(be動詞) tall.
花子は     =    背が高い
(S)    (V)

*一般動詞 を使った例文
私は 野球を します



I(主語) play(動詞) baseball.
私は  する     野球
(S)   (V)
私たちは 日本語を 話します



We(主語)speak(動詞) Japanese.
私たちは  話す   日本語
 (S)    (V)

英語の文法用語

主語」は英語で「subject」
動詞」は 英語で 「verb」
頭文字をとって

主語「S」動詞「V」と略号で表記することがあります。

「be動詞」とは?

一般動詞以外の動詞を「be動詞」といいます。
一般動詞とは?

be動詞とはamareis

原形意味3単元
be~である
~がある、いる
(状態・所在を表す)
am, are, is
⇩    ⇩    ⇩
 過去形過去分詞現在分詞
意味~だった
~いた
~した
~される
~している
~させる
bewas,werebeenbeing

英語の動詞は「be動詞」と「一般動詞」の2種類です。

be動詞 …「イコール」のつなぎの働きをする動詞
一般動詞 …「動き」を表す動詞
      (speak(話す),run(走る))

I  am  Hanako. (私は花子です。)
 花子

You  are  tall.(あなたは背が高い。)
あなた  背が高い

Hanako is tall. (花子は背が高い。)
花子   背が高い

英語の文法用語

< be動詞 例文 >
私は花子です。
I(主語) am(be動詞) Hanako(補語).
   =       花子
(S)   (V)      (C)
__________________________
主語とイコールの関係の語句を「補語」といいます。
補語」は英語で「complementc」。
頭文字をとって C の略号で表されます。

例文の”Hanako”は 補語(C) に当てはまります。

  • 主語・・・S
  • 動詞・・・V
  • 補語・・・C

    ※一般動詞・be動詞はどちらも「V」です。

たった60日で英語が話せる!?楽天3部門1位の英会話!<七田式>

am・are・is「be動詞の使い方」・意味

am」「are」「is」のbe動詞
be動詞とは?

am,are,is の「使い方」「使い分け」は
文の「主語(S)が何か」によって異なり
それぞれ使い方が決まっています。

am,are,is
英文に必要な「つなぎ(=)の役割」として使用されます。

be動詞意味は、~である~がある、いる
というような「状態」「所在」を表し、文脈によって意味は変化します。

原形意味3単元
be~である
~がある、いる
(状態・所在を表す)
am, are, is
⇩    ⇩    ⇩
 過去形過去分詞現在分詞
意味~だった
~いた
~した
~される
~している
~させる
bewas,werebeenbeing

主語が「 I 」のときbe動詞は「am」

主語が「I」のとき、be動詞は「am」を使います。

主語be動詞短縮形
IamI am ⇒ I’m

例文:I am Hanako.
  (私は花子です。)
短縮形: Im Hanako.

「I」にはbe動詞は「am」を使います。
× 「I」に「is」はNG!

主語が「 You 」のときbe動詞は「are」

主語が「You」のとき、be動詞は「are」を使います。

主語be動詞短縮形
You areYou are ⇒ You’re

例文:You are tall.
(あなたは背が高い。)
短縮形: You’re tall.

「You」にはbe動詞は「are」を使います。
× 「You」に「is」はNG!

「アポストロフィー」といい
短縮や縮約されていることを表す記号です。

会話ではI’m/ You’re の短縮形が使われることが多いです。

主語が「1人の人」「1つの物」のときbe動詞は「 is 」

主語が「I(私)」「you(あなた)」以外の1人の人」「1つの物」の単数のとき be動詞は「is」を使います。

主語be動詞短縮形
※「I」「you」以外の単数↓
Hanako(花子)
he(彼)
she(彼女)
my wife(私の妻)
is
he’s
she’s
this(これ)
that(あれ・あの)
it(それ)
my dog(私の犬)
my car(私の車)
is
that’s
it’s

< 例 文 >
Hanako is tall.
花子は背が高い。

She is my friend.
彼女は私の友達です。

My car is red.
私の車は赤です。

主語が複数のときbe動詞は「 are 」

主語が複数のとき、be動詞は「are」を使います。

主語be動詞短縮形
※複数
Hanako and Mika
(花子と美香)
father and mother
( 父と母 )
are


we(私たち)
they(彼ら)
arewe’re
they’re

「花子と美香は~」
「父と母は~」
など主語が複数のときは「is」 ではなく

Hanako and Mika are ~.
Father and mother are ~.
とします。


< 例 文 >
Hanako and Mika are tall.
花子と美香は背が高い。

Father and mother are young.
父と母は若いです。

We are busy .
私たちは忙しい。

They are from Tokyo.
彼らは東京出身です。

英文は、主語が「単数か」「複数か」がとても大事☆

「単数」か「複数」かで動詞を使い分けます。
__________________________
主語が
* I(私), you(あなた) 以外の単数のとき
be動詞は「is」。

複数ならbe動詞は 「are
※(例「pens」「bags」など)
複数形の主語の時も「are」を使います。

「一般動詞」とは?

be動詞以外の動詞を「一般動詞」といいます。
be動詞とは?

一般動詞

※日本語の語尾をのばしたときに
「ウー」になる「動き」が一般動詞です。
  例:走るゥー
  例:食べるゥー

cut(切る), cook(料理する), eat(食べる)
buy(買う), live(住む), run(走る)
speak(話す), play((スポーツを)する)…etc

< 一般動詞 例文 >
英語は、並び順を
主語(なにが)→動詞(する)→何を
の順に文を組み立てます。


例:私はテニスをします。
           
I(主語) play(一般動詞) tennis(何を).
   する       テニス
(S)   (V)      (O)

英文に動詞は1つ
↓ ↓ ↓
× I am(be動詞) play(一般動詞) tennis.
I play tennis.

<※注意※>
例: I am playing tennis.
(私はテニスをしている)
この場合、amのみが動詞となります。

現在分詞形過去分詞形
一般動詞の変化した形でありながら、動詞扱いはしません

____________

(何をの)「目的語」は英語で「object」
頭文字をとって O の略号で表されます。

例文の”tennis”は 目的語(O) に当てはまります。

  • 主語・・・S
  • 動詞・・・V
  • 目的語・・・O

たった60日で英語が話せる!?楽天3部門1位の英会話!<七田式>

「be動詞」と「一般動詞」の違い

英語の動詞は「be動詞」と「一般動詞」の2種類

  • be動詞 は、「(=)イコール」のつなぐ働きをする動詞です。
  • 一般動詞 は、「動き」を表す動詞です。
          (speak(話す),run(走る))

be動詞とはamareis
一般動詞とは
(動きを表す言葉)⇒
例→話す食べる走る好む

be動詞について
一般動詞について

英文に動詞は1つ☆です。
playを使うときamは使いませんので注意しましょう!
↓ ↓ ↓
× I am(be動詞) play(一般動詞) tennis.
I play tennis.

<※注意※>
例: I am(動詞) playing tennis.
(私はテニスをしている)
※この場合、playingは現在分詞形で動詞に分類されません。
amのみが動詞となります。

現在分詞形過去分詞形
一般動詞の変化した形でありながら、動詞扱いはしません

「三人称」とは?

三人称とは、自分(I)と相手(you)以外の、その他をさす対象のことを三人称といいます。

人称」には、一人称、二人称、三人称の3つがあります。
人称につく1,2,3の数字は人の人数ではありません。

  1. 一人称自分をさす語 (I(私),we(私たち))
  2. 二人称相手をさす語 (you(あなた,あなたたち))
  3. 三人称…「自分」と「相手」以外の人や物をさす語
    (he, she, they, Hanako, my dog, that house…etc)

一人称、二人称、三人称には「単数」と「複数」があります。

・一人称単数… I (私)
・一人称複数… we (私たち)

・二人称単数… you (あなた)
・二人称複数… you (あなたたち)

・三人称単数… he(彼),she(彼女)
・三人称複数… they(彼ら),these(これら),those(それら),Hanako and Mika…etc

たった60日で英語が話せる!?楽天3部門1位の英会話!<七田式>