VisualStudioでエンコード(文字コード)を変更する方法

近年の開発環境の移行

従来の開発環境では文字コードはシフトJISを利用されることが多かった。

ところが近年Googleが文字コード(エンコード)についてUTF-8を推奨していることから、WebサイトでUTF-8が使用されることが多くなり、APIなどWebに関係するプログラムを開発する場合においても、状況に応じて文字コード(エンコード)を変更したいことが増えた。

今回はVisual Studio(2010)でのエンコードの変更方法をご紹介。

変更手順

変更手順では「シフトJIS」から「UTF-8」に変更する事例をもとに解説する。

■まず文字コードを変更したいファイルをVisual Studioで開く。

WS000000

■次に画面左上の「ファイル」より「保存オプションの詳細設定」を選択。

WS000001

■ここで文字コード(エンコード)を変更

WS000002

■エンコードの下のプルダウンより「Unicode(UTF-8)(以下略)」を指定。

WS000003

設定は以上。

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ