OpenCV2.3のインストール方法

OpenCVとは画像処理やパターン認識等を行うためのオープンソースライブラリです。C言語で書かれているので、このライブラリを使用する時はVisual C++を使っています。インストールが面倒だったので備忘録として載せておきます。

Visual Studio 2010 Professional

OpenCV2.3のインストール手順

大きな流れとしては下記の通りです。

手順(1) OpenCV2.3とCMakeのダウンロードとインストール
手順(2) CMakeを使ってOpenCV2.3をビルド
手順(3) VisualStudio(2010)での設定
手順(4) OpenCVの環境変数の設定

詳細は順を追ってご説明します。

導入手順(1) OpenCV2.3とCMakeのダウンロードとインストール

OpenCV2.3のダウンロードとインストール

  1. 上記リンクより「OpenCV-2.3.0rc-win-src.zip」をダウンロード。
  2. ダウンロードしたデータを解凍する。
  3. C:\の直下に「OpenCV2.3」というフォルダを作成する。
  4. 「C:\OpenCV2.3\」の中に解凍後のデータを入れる。
  5. ここで一旦、CMakeの導入に入る。

CMakeのダウンロードとインストール

CMakeはユーザーのPC環境に合わせOpenCVをビルドしてくれるソフトです。

  1. 上記リンクより「cmake-2.8.5-win32-x86.exe」をダウンロード。
  2. 「cmake-2.8.5-win32-x86.exe」をクリックしインストール。
  3. インストールの途中にシステムPathを問われますが、
    「Add CMake to to the system PATH for all users」を選択。
    ( Add CMake to to the system PATH for current userでも可)
  4. CMakeインストール完了。

導入手順(2) CMakeを使ってOpenCV2.3をビルド

  1. スタートアップメニューより「CMake」を起動します。
  2. 下記画面が現れるので
    Cmake2.8
    ■Where is the source codeに「C:\OpenCV2.3\」と入力。
    ■Where to build the binariesに「C:\OpenCV2.3\build\」と入力します。
  3. 左下の「Configure」をクリック。
  4. Specify the generator for this projectというメッセージが出てくるので使用しているVisual Studioのバージョンを選択。その下のラジオボタンの選択項目に関しては「Use default native compilers」を選択。
  5. 真ん中のウィンドウ内が赤く表示されますが、再度「Configure」をクリック。
  6. 「Configure」の隣にある「Generate」をクリック。
    CMakeでの作業は完了。閉じてもらっても構いません。
  7. 「C:\OpenCV2.3\build\」のフォルダを開くと「OpenCV.sln」が作成されているのでVisual Studioで開く。
  8. DebugモードとReleaseモードでそれぞれビルドを掛ける。
    ※ビルドエラーが起きる場合はステップ4の指定した開発環境が間違っている可能性があります。
  9. OpenCVのビルド完了。

導入手順(3) VisualStudio(2010)での設定/OpenCVとのリンク

OpenCVのヘッダーファイルとライブラリファイルをVisual Studioのプロジェクトにリンクさせます。

ヘッダーファイルへのリンク

  1. プロジェクト>プロジェクトのプロパティ>構成プロパティ>VC++プロジェクト>インクルードディレクトリを選択。
  2. そこにヘッダーファイルが格納されている場所
    「C:\OpenCV2.3\include\opencv」を入力。

ライブラリファイルへのリンク

  1. プロジェクト>プロジェクトのプロパティ>構成プロパティ>VC++プロジェクト>ライブラリディレクトリを選択。
  2. そこにライブラリファイルが格納されている場所
    「C:\OpenCV2.3\build\lib\Debug」
    「C:\OpenCV2.3\build\lib\Release」
    を入力する。
  3. プロジェクト>プロジェクトのプロパティ>構成プロパティ>リンカー>入力>追加の依存ファイルを選択。
  4. そこに「C:\OpenCV2.3\build\lib\Debug」内にあるライブラリファイルの一覧を入力する。(例:opencv_calib3d230d.lib、opencv_calib3d230d.libなど。)

ここまでで一通りのインストール作業は完了です。

導入手順(4) OpenCVの環境変数の設定

環境変数の意味についてはWikiを参照下さい。

  1. スタートアップメニューを開き、検索欄に「システムの詳細」と入力。
  2. 検索結果より「システムの詳細設定の表示」を選択。
  3. 現れたウィンドウ下の「環境変数」をクリック。
  4. 新たに現れたウィンドウ下部のシステム環境変数の一覧より「PATH」を選び、「編集」をクリック。
  5. 変数値の欄にすでに入力されている文字列がある場合があるが、その末尾に
    「;C:\OpenCV2.3\build\bin\Debug;C:\OpenCV2.3\build\bin\Release」
    を入力。
  6. OKを押して完了!

これで一通りの設定は完了です。

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ